半導体設計

半導体設計と呼ばれるお仕事もあります。
求人サイトで見かけたことがあるという方も多いでしょうが、ここでは半導体設計のお仕事についての情報を発信したいと思います。

チーム作業が求められる

半導体設計と一口に言ってもそう簡単に仕事内容を説明できるようなものではありません。
半導体集積回路の設計一つを取ってみても、システム設計やロジック設計、回路設計、レイアウト設計などに分けることができるのです。

これらの設計に使用されるのがCADやCAMですから、これらのソフトを扱えないと業務をこなすことはできないでしょう。
また、半導体設計者、エンジニアはチームで作業を進めることがほとんどですから、周囲としっかりコミュニケーションが取れることも大切です。

求められる人材

半導体の新技術に関する情報やトレンドは海外から飛び込んできます。
そのため、英語力が高い人材を求めている企業は少なくありません。
海外から仕入れた情報をいち早く設計に取りいれることもありますし、最新情報を得るために英語で議論を挑めるだけのスキルもあると良いかもしれません。

情報収集能力も半導体設計者には必要不可欠なスキルです。
現在でも半導体の分野は技術の発展が著しいですし、次々と新しい技術や情報が発信されることもあります。
それをいち早く察知して収集できるだけの能力も必要となるのではないでしょうか。

半導体エンジニアの仕事は多岐に渡りますが、その分やりがいは十分に感じられるお仕事と言えるでしょう。
求人サイトでも半導体エンジニアを募集していることは多いですし、この業界の知識がない方でも大丈夫という企業もあります。
即戦力を求める企業だと活躍できないかもしれませんが、じっくりと時間をかけて育ててくれる気のある企業なら安心して働けるでしょう。

外資系半導体 営業マネージャー

近年では日本でも外資系企業の伸び率が非常に高いですね。
さまざまなジャンルにおいて外資系企業が躍進していますし、戦々恐々としている日本企業も多いのではないでしょうか。
求人サイトでは外資系半導体企業の営業マネージャーといった求人案件を目にすることも多いですが、果たしてどのような仕事内容なのでしょうか。

企業によって異なる

外資系半導体企業の求人案件に興味を持った場合、もっとも気になるのは仕事内容ですよね。
どのような業務に携わるのかも分からないまま就職するのはリスクが高いですし、あらかじめ業務内容を知っておきたいというのは不思議なことではありません。

営業マネージャーなら基本的には営業職となりますが、営業先がパートナー企業なのか、それともクライアントになるのかという違いも出てきます。
営業をかける相手が違えば手法も変わってきますから、ここは重要な部分ですね。

また、担当顧客に向けた予算管理や中期的な戦略の作成、その実行などを任されることもあります。
どこまでの業務を担当するのかも企業によって異なりますから注意しましょう。

必要な知識やスキル

外資系企業ではありますが、基本的には営業職としてのスキルがあれば業務に携わることはできるでしょう。
トークスキルやコミュニケーションスキルは必須ですし、話の持っていき方、駆け引きのうまさなども必要となります。

パートナー企業やクライアントが海外企業だと当然語学力も要求されます。
日常英会話ができるのは当然のことで、TOEICで600以上取得しているなどの条件が課されることも珍しくありません。
ただ、TOEICの点数よりも日常英会話力、コミュニケーション力を重視するような会社もあります。

自社の半導体製品に関する知識は熟知しておく必要があります。
それができないとクライアントへ提案することもできませんから、これは必須ですね。

待遇について

待遇や条件については企業によってまちまちです。
また、新卒で就職するのか異業種から転職するのか、経験者なのかによっても大きく変わってくるのではないでしょうか。

これは外資系半導体企業の営業マネージャーだけに関わらず、どのような企業の就職においても同じことが言えます。
基本的には経験者を優先する傾向がありますし、半導体営業職として数年間活躍していたというような人材を求めていることも珍しくありません。

すぐにでも活躍できる即戦力を求めている企業もあれば、着実に成長してもらい力をつけてほしいという会社もあります。
外資系半導体企業の営業マネージャーという求人案件は意外に見つけることができますから、興味のある方はぜひチャレンジしてみましょう。

PPW_MBnokondensa-thumb-815xauto-13231

半導体業界について

半導体について興味がある、という方でもあまり半導体業界について詳しくご存じの方は少ないのではないでしょうか。
このサイトの中でも何度もご紹介したように、半導体は今や私たちの生活に欠かせないものと言っても過言ではありません。
そのため、求人案件も豊富ですし、これからこの業界で働いてみたいという方もいるでしょう。
そこで、ここでは知られざる半導体業界について情報を発信したいと思います。

需要が高い

半導体を扱う業界のことを半導体業界と言います。
RAMやROMの開発や製造に携わる業界と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。
家電メーカーとしても有名な東芝やルネサスエレクトロニクスといった半導体系、日立国際電気や大日本スクリーン製造などの半導体製造装置系に分けることができます。

これから半導体業界で働きたいという方は、これらの企業に属する会社、工場などで働くことになります。
近年ではスマホの急速な普及に伴って半導体はますます需要が高くなっていますし、人材確保も急務となっています。
また、スマホの普及によって常にめまぐるしい変化をしているのもこの業界と言えるでしょう。

半導体業界の特徴

これまではパソコンへの半導体供給が多かった傾向にありますが、それを大きく変える出来事がありました。
そう、スマホの普及です。
携帯電話に代わる新たなデバイスとして誕生したスマホが急激に普及したことによって半導体業界も再編や統合、破綻など目まぐるしい変化に追われる事態となっているのです。

現在でもこうした流れは留まる気配を見せませんし、これから先もますます変化がおき続けることも考えられるでしょう。
こう書いてしまうと「安定性のない業界なのか」と思ってしまうかもしれませんが、半導体需要自体は非常に高いですから決してそんなことはありません。
今後この業界で働きたい方は業界の動向に注目してくださいね。

就職について

半導体業界に就職したいという方も少なくないでしょう。
いまや半導体業界は好調ですし、上り調子ですから将来的な安泰を求めるにもこの業界はオススメです。

半導体業界に就職したいのなら先ほどご紹介した半導体系、もしくは半導体製造装置系に分かれますから、まずは自分がどちらの仕事をしたいかを決める必要があります。
また、メーカーによる雇用は主に事務職と技術職に分かれることが多いですから、技術的な仕事をしたいのなら技術部門への配属を希望すると良いでしょう。
半導体製造やそれに関わる求人は実際多いですから、興味のある方は求人情報誌や求人サイトなどに目を通してみると良いかもしれません。

半導体製造業界は現在でも揺れ続ける業界でもありますが、悪い意味で揺れ動いているわけではありません。
将来性にも優れた業界だと思いますから、就職を考えるのは決して悪いことではないでしょう。