半導体の2000年代

2000年代はLSIがインフラになってしまった時代と言っても過言ではありません。
ほとんどの電子機器にはLSIが搭載されるようになり、ソフトとハードが一体化しているプラットフォーム型の開発もますます広がりを見せるようになったのです。
ここでは、2000年代の日本がどうだったか、半導体事情はどうだったかについてご紹介しましょう。

東京ディズニーシーの開業

2000年に入ると日本では東京ディズニーシーが開業します。
ディズニーリゾートと言えばディズニーランドでしたが、ディズニーシーの誕生によって新たな楽しみが増えることになりました。

また、2001年には世界史に名を刻むほどの大事件がアメリカで起きます。
いわゆる911テロ事件と呼ばれるもので、ハイジャックされた航空機によってビルに突入するという歴史上稀にみる大参事となってしまいました。

2004年になるとプロ野球リーグにインターネットサービス企業の雄楽天が参入します。
ライブドアと激しく主導権争いをしていた楽天は着実に足元を固めることに成功し、ついに東北エリア初となるプロ野球球団、東北楽天ゴールデンイーグルスが誕生するのです。

2009年になると新たな司法の形として裁判員制度がスタートします。
一般市民が裁判員となって裁判に参加する制度で、賛否両論あったものの現在でも行われています。

また、2009年には一つの歴史を作ったと言っても過言ではないスーパースター、マイケルジャクソンが死去するという悲しい出来事もありました。
現在でもマイケルジャクソンの死についてはいろいろな憶測が流れているものの、大勢のファンが涙したことだけは紛れもない事実です。

2000年代の半導体

フラッシュメモリの大容量化もますます進むようになり、2010年にはついに64ギガビットの製品も開発、販売されるようになるなど着実に技術の進歩がみられます。
2000年代はまさにフラッシュメモリ全盛期と言っても過言ではなく、デジカメや音楽プレーヤー、携帯電話にUSBメモリなど、新しい需要も拡大していったのです。

後半になるとプロセッサはマルチコアの時代へと突入しました。
複数のコアを並列動作させることで高性能化と低消費電力化の二つを実現することができ、これによって一つの時代が終わりを迎え新しい時代に突入したと言っても過言ではありません。

この年代には新しいメモリ開発も進みましたし、それに伴いさまざまな便利なアイテムも世に送り出されてきました。
今現在我々が日々快適な暮らしを続けられるのもそうした技術の進歩に支えられていると言っても良いでしょう。
2010年以降もさらに技術は進化を見せていますし、これから先も楽しみでなりません。