シャープ

総合家電メーカーのシャープとして名をはせるまで

現在シャープは台湾・鴻海精密工業の買収が合意となり、日本の大手電機メーカーとしてはじめて外資系企業傘下となっています。
1912年、早川徳次さんが東京で創業した当時、徳尾錠と呼ばれた「ベルトのバックル」を発明し、起業した会社でした。
1915年には金属製繰出し鉛筆を発明し、これがアメリカで爆発的ヒットとなります。
この商品名は最初「早川式繰出鉛筆」という名だったのですが、アメリカで商品を販売する際、「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」にしたことで、後に社名に利用されたのです。

1923年、関東大震災によってシャープペンシル工場が焼失してしまい、早川は家族も全て失い大阪にわたり、1925年、鉱石ラジオを「シャープ」という名前で販売し、戦争の前のヒット商品として人気を博します。
戦争が終わり、総合家電として松下電器産業、ソニーが台頭していたこともあり、この2社に圧倒的に差を付けられており、またこの当時、シャープ製テレビが発火し大火事になったなどトラブルも続き低迷の時代が長く続きました。

液晶のシャープと呼ばれるまで

低迷する時代から抜け出したのは、日本で初めて家電企業として電子レンジを制作、発売したという事です。
1966年には世界初のターンテーブル式電子レンジの開発に成功、1963年には太陽電池の量産化に成功しています。
太陽電池に関しては現在もシャープが世界2位です。

1964ん絵、オールトランジスタダイオードを利用した電子式卓上計算機を世界初として開発、その後電卓戦争と呼ばれるカシオとの戦いの中、表示部門に液晶技術を利用し、1973年、液晶を表示装置に利用したCMOS化電卓を開発し、これによってシャープは「液晶のシャープ」と呼ばれるようになったのです。

液晶事業への投資増を行っているシャープ

ファックス、電子辞書、電子レンジ、最近は複合機にも力を入れています。
更に液晶テレビ、そこから発展した携帯、スマホ等、様々な商品展開を見せているのがシャープの魅力ともいえます。

2009年にはLED電球を発売、家庭用照明事業にも参入し、もちろん半導体に関してもCCD等イメージセンサー、画像処理のLSI、液晶駆動用のLSI等、事業が推進されています。
半導体事業は特に注目されるもので、世界の中で注目される半導体企業としてシャープは知名度の高い企業です。
1970年にシャープ株式会社に社名変更して以来、先進的な部品、特徴的な商品を生み出す、さらに商品に利用されることで部品目標を明確にし、性能を向上させるという流れで企業が成長しています。

こうした企業の戦略をスパイラル戦略としているのですが、最近はこの戦略にプラスして、オリジナリティを重視したオンリーワン戦略も掲げています。