外資系半導体 営業マネージャー

近年では日本でも外資系企業の伸び率が非常に高いですね。
さまざまなジャンルにおいて外資系企業が躍進していますし、戦々恐々としている日本企業も多いのではないでしょうか。
求人サイトでは外資系半導体企業の営業マネージャーといった求人案件を目にすることも多いですが、果たしてどのような仕事内容なのでしょうか。

企業によって異なる

外資系半導体企業の求人案件に興味を持った場合、もっとも気になるのは仕事内容ですよね。
どのような業務に携わるのかも分からないまま就職するのはリスクが高いですし、あらかじめ業務内容を知っておきたいというのは不思議なことではありません。

営業マネージャーなら基本的には営業職となりますが、営業先がパートナー企業なのか、それともクライアントになるのかという違いも出てきます。
営業をかける相手が違えば手法も変わってきますから、ここは重要な部分ですね。

また、担当顧客に向けた予算管理や中期的な戦略の作成、その実行などを任されることもあります。
どこまでの業務を担当するのかも企業によって異なりますから注意しましょう。

必要な知識やスキル

外資系企業ではありますが、基本的には営業職としてのスキルがあれば業務に携わることはできるでしょう。
トークスキルやコミュニケーションスキルは必須ですし、話の持っていき方、駆け引きのうまさなども必要となります。

パートナー企業やクライアントが海外企業だと当然語学力も要求されます。
日常英会話ができるのは当然のことで、TOEICで600以上取得しているなどの条件が課されることも珍しくありません。
ただ、TOEICの点数よりも日常英会話力、コミュニケーション力を重視するような会社もあります。

自社の半導体製品に関する知識は熟知しておく必要があります。
それができないとクライアントへ提案することもできませんから、これは必須ですね。

待遇について

待遇や条件については企業によってまちまちです。
また、新卒で就職するのか異業種から転職するのか、経験者なのかによっても大きく変わってくるのではないでしょうか。

これは外資系半導体企業の営業マネージャーだけに関わらず、どのような企業の就職においても同じことが言えます。
基本的には経験者を優先する傾向がありますし、半導体営業職として数年間活躍していたというような人材を求めていることも珍しくありません。

すぐにでも活躍できる即戦力を求めている企業もあれば、着実に成長してもらい力をつけてほしいという会社もあります。
外資系半導体企業の営業マネージャーという求人案件は意外に見つけることができますから、興味のある方はぜひチャレンジしてみましょう。