半導体設計

半導体設計と呼ばれるお仕事もあります。
求人サイトで見かけたことがあるという方も多いでしょうが、ここでは半導体設計のお仕事についての情報を発信したいと思います。

チーム作業が求められる

半導体設計と一口に言ってもそう簡単に仕事内容を説明できるようなものではありません。
半導体集積回路の設計一つを取ってみても、システム設計やロジック設計、回路設計、レイアウト設計などに分けることができるのです。

これらの設計に使用されるのがCADやCAMですから、これらのソフトを扱えないと業務をこなすことはできないでしょう。
また、半導体設計者、エンジニアはチームで作業を進めることがほとんどですから、周囲としっかりコミュニケーションが取れることも大切です。

求められる人材

半導体の新技術に関する情報やトレンドは海外から飛び込んできます。
そのため、英語力が高い人材を求めている企業は少なくありません。
海外から仕入れた情報をいち早く設計に取りいれることもありますし、最新情報を得るために英語で議論を挑めるだけのスキルもあると良いかもしれません。

情報収集能力も半導体設計者には必要不可欠なスキルです。
現在でも半導体の分野は技術の発展が著しいですし、次々と新しい技術や情報が発信されることもあります。
それをいち早く察知して収集できるだけの能力も必要となるのではないでしょうか。

半導体エンジニアの仕事は多岐に渡りますが、その分やりがいは十分に感じられるお仕事と言えるでしょう。
求人サイトでも半導体エンジニアを募集していることは多いですし、この業界の知識がない方でも大丈夫という企業もあります。
即戦力を求める企業だと活躍できないかもしれませんが、じっくりと時間をかけて育ててくれる気のある企業なら安心して働けるでしょう。