三菱電機

三菱電機の半導体

三菱電機というと家電商品がメインというイメージがありますが、半導体、電子デバイスについても高性能な物を作り出しています。
電力高効率制御を担うパワーモジュール、光通信機器に重要とされる性能を引き出し先取りする光デバイス、さらには無線や携帯、衛生通信を行う高周波デバイスなど、半導体や電子デバイスでも高性能な商品を誕生させています。

パワーモジュールは電力を制御するためのパワーMOSFETなどのパワーデバイスの駆動回路等を組み込んだ電力用半導体素子です。
三菱電機のパワーモジュールはモーター制御、電力変換に必須となるパワーチップ、制御回路などを一つにパッケージ化、様々な産業機器のインバータ化について効率よく省エネとなる製品を作っています。

大電力デバイスは鉄鋼などで利用する大型機械の電力系統、さらに地下鉄などで利用する高耐圧、高電流の使用環境に適応し、なおかつ効率よく省エネで利用できる製品づくりをしています。
ドライバIC、センサについても加速度、圧力センサを利用し機器をより小型化、さらに省エネで利用できる商品を作っています。

高周波デバイス、光デバイス、TFT液晶モジュールなど移管しても、様々な環境に対応できなおかつ省エネ、高効率で利用できる商品を作り出しているのが三菱電機です。
この先、さらに需要が高くなっていく将来に向けて、新しい製品づくりへの研究も継続しています。

三菱電機は様々な製品を作り出している

三菱電機はみなさんもご承知の通り、日本大手総合電機メーカーとして知られている企業です。
家電、重電、さらに人工衛星など様々な製品を販売しています。
ビルで利用するエレベーターにも三菱電機の名前、マークを見る事がありますし、私たちがあまりに目にすることのない、鉄道車両電機品やパワー半導体、人工衛星といった産業用電気機器については最大手、日本国内トップシェアを誇ります。

特に宇宙・防衛分野に関する能力は非常に高く、防衛エレクトロニクス分野において、防衛行との契約実績が高く、非常に優れた製品を作り出しています。
現在撤退していますが、パソコン用ディスプレイについてはブラウン管時代から高い評価を受けていて、液晶ディスプレイの撤退については残念という声が非常に高かったことでも知られています。

海運会社から始まった三菱

1873年に岩崎弥太郎さんが海運会社と「九十九商会」から三菱商会と改称し他所から、三菱という会社が始まりました。
当時は海運と商事を業務の主軸としていたのですが、1921年、三菱造船の神戸にある電機製作所を母体として三菱電機株式会社を独立させ、ここから電気機器の製造を多く手掛けるようになりました。

その後、国産初の幹線用大型電気機関車の開発を日立製作所、芝浦製作所、KAWASAKI造船所と共同で完成させます。
1935年にはエレベーター、エスカレーターを一貫して生産することを開始し、1958年には三菱グループ25社によって三菱原子力工業を設立、1966年には日本初の人工衛星を開発しました。

私達が知る三菱電機はエアコンなどの家電商品がメインですが、半導体やそのほかエレクトロニクス事業に貢献してきたのが三菱電機です。
日本屈指の技術を世界に広く知らしめたといってもいい企業です。