パナソニック

様々な製品を生み出しているパナソニック

パナソニックといえば照明器具や家電用品等で有名ですが、家電以外の業界でも、電池、住宅用太陽光発電、ホームエレベーター等様々な部門でトップシェアを誇っています。
半導体などの製品も多く作られており、マイクロコンピュータ、特定用途ロジックLSI、ディスクリートデバイスなど魅力的な製品が多数あります。

32ビット高速・高性能マイコンは動作周波数も処理性能も高い製品です。
高性能さに加えて高精度アナログ回路、分解能の高いPWM回路を搭載していることで、インバータ制御能力が向上、コンバータ制御も実現できるという商品となっています。
電源制御やインバータ制御に利用され、エアコンや洗濯機などの性能をかなり向上させました。

こうした高性能な製品を作り出すパナソニックという企業は、日本人なら一度は耳にしたことがある「松下幸之助」さんが創業した企業です。

パナソニックの歴史

パナソニックの歴史は松下幸之助さんが大阪で始めた電球用ソケットの製造販売から始まります。
当時、借家でこの商売を始めた時、幸之助さんの奥様と弟さんの3人、1917年の事でした。
1918年に大阪市北区に移転し松下電器器具製作所を創立、1927年、自転車用角型ランプを販売した時からナショナルの商標を利用し始めました。

1931年にラジオの生産、その翌年ラジオの重要部の特許を買収し、無償で同業のメーカーに公開する等、戦後、エレクトロニクス業界の発展に大きく寄与したのです。
1933年にさらに移転し、大規模工場を建設し、この時事業部制を導入します。
その後、分社化、軍需産業に本格参入、さらに分社を本社に吸収合併しグループ再編を実施、日本が敗戦した1945年には朝鮮、満州、台湾、ジャワ、マニラ、上海など20カ所もの海外事業所を全て失うも、1946年に再統合などを果たし洗濯機などの開発をはじめました。

1952年にはオランダのフィリップスと提携し、松下電子工業を設立、1954年、戦後壊滅事情帯となっていた日本ビクターと資本提携し、共に競争しつつ発展していくという業態を継続していたのですが、2007年資本関係を解消しています。

1955年、Pana Sonicブランドを作り輸出など行うようになり、1957年には街の電器屋さん加盟の日本初系列店ネットワークを発足する等、電器業界にも貢献します。
1971年にロゴをPANAS SONICからPanasonicへ変更し、様々な電気機器、家電、さらに半導体部品などを作り出す企業として活躍している企業です。

パナソニックの半導体

パナソニックは「次に創り出すために私達ができること、ビジネスパートナーに新しいソリューションを」というコンセプトを掲げ、様々な企業が利用する半導体を作り上げています。

マイクロコンピュータのほか、ロジックLSI、アナログIC、ディスクリートデバイス、オプトデバイス、イメージセンサなど、多くの製品を世に送り出しています。