ソニー

ソニーといえば

日本の電機メーカーとして知名度の高いソニーは、現在、世界首位のイメージセンサー、ゲーム等幅広い分野に製品を送り出す世界的にも有名な企業です。
テレビ、オーディオ、現在は電子ブックやICレコーダー、デジタルカメラなどでも有名ですし、IC記録メディアや携帯電話、スマートフォン等様々な製品を作っています。

ソニーの半導体はイメージセンサーを中心として、LSI、レーザー、ディスプレイデバイスなど多くの製品があり、開発から設計製造を一体として行っています。
様々な商品が多様化していく中、ユーザーが求める製品への期待に応えるべく、常に先進的な技術をもって新たな価値を生む製品づくりをしています。

ソニーの歴史

ソニーは昭和21年、東京通信工業株式会社として設立し、創業当時、真空管電圧計の製造や販売を行っていました。
昭和25年には日本初となるテープレコーダーを開発し、ソニーはオランダの大企業、フィリップ社などへ輸出する方針を立て、トランジスタの自社生産を始め、1957年には輸出したトランジスタラジオ「TR-36」が大成功となります。
1958年、東京通信工業株式会社からソニー株式会社と改称、この年、東京証券取引所第一部上場を果たしました。

1960年代になるとアメリカにむけて現地法人を送り込み販売活動を開始します。
日本企業初として株式のADRが日本政府によって認められ、世界各国に現地法人を設置していくこととなりました。
1970年代には家庭用VTRの普及に力を入れ、松下電器、日本ビクターと共同でU規格を立ち上げ、後に昭和50年、ビデオカセット規格ベータマックスを発売、当時に日本ビクターが作ったVHSと家電業界を二分するビデオ戦争と呼ばれる状態になりましたが、ソニーがVHS機を並売するという形になりました。

1980年代に向けて、1979年、ヘッドフォンで音楽を聴くという形の携帯型カセットテーププレーヤーウォークマンが販売され、これは1995年に生産累計1億5000万台となり、このウォークマンの登場は音楽リスニングを大きく変えた商品として高い評価を受けています。

1990年代には英文ワープロからパソコンブランドへのサンユウを図り、VAIOブランドが人気となり、その後携帯電話端末の開発や販売を行うようになりました。
ソニーの製品は常に時代の先端を走るものが多く、また、ソニーの様々な製品が電器、半導体などへの影響を与えたことは言うまでもありません。

半導体技術「FeliCa」

半導体技術を駆使し作られたソニーの登録商標となっているFeliCaは非接触型ICカードの技術方式をもっています。
リーダ・ライタからキャリアを送信し、電磁誘導する事によってICカードに電力を供給、キャリアの変調によってリード・ライタとICカードの間で通信を行うというものです。

このFeliCaは、通常のICカードと同様にキャッシュカードなどに適用可能な技術として高く注目され、自動改札機、またオフィスビルへの入館のセキュリティゲートなどに用いられています。