東芝

東芝の歴史

半導体メーカーの国内最大手として知られる東芝は、子会社、関連会社を形成している東芝グループの中核となっている最大手企業です。
テレビ、半導体のほか、重電機、また軍事機器や鉄道車両などについても事業展開しており世界的に高い知名度をもっています。
現在は半導体の製造ラインを友順科技股份有限公司に売却していますが、半導体メーカーとして国内最大手としての立場は変わっていません。

家電製品については、国産化第1号となった製品が多く、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器等多くが国産化第1号です。
白物家電と呼ばれる製品のパイオニア的存在であり、東芝の名は誰もが知っている企業名といっていいでしょう。

からくり人形から始まった

創業はからくり人形をはじめ、和時計などの開発をした初代田中久重さんで、からくり儀右衛門としても知られています。
東京、銀座に諸器械製造所の工場を作り、弟子で養子の田中大吉さん(のちの2代目久重)が東京芝浦に移転させました。
沖電気工業創業者、池貝創業者、宮田工業創業者など、東芝の銀座の工場には素晴らしい技術者たちが揃っていたことも、東芝の躍進に深く関係しているでしょう。

日本では誰もが知っている東芝という企業は家電製品以外にも、半導体という分野で私たちが目にすることのない機器の主軸となる製品を作り出す日本屈指の企業なのです。

東芝の半導体

東芝の半導体技術は世界屈指の技術です。
ノートパソコンのアダプタ、ゲーム機、デスクトップパソコンやサーバーなどの様々なアプリケーションについて、AC-DC電源の2次側用途となる製品や、通信機器のDC-DC電源用途向けの高効率MOSFETシリーズは、電源の高効率化に貢献しています。

東芝が1984年に開発した次世代を担う半導体メモリ、フラッシュメモリは世界に先駆けて実用化されたもので、NAND型フラッシュメモリについてはメモリカード、SSD、産業機器などについて応用機器として採用されたことで、現在世界標準デバイスとして高い知名度を誇ります。
これから先、情報量が増大している中、さらにNAND型フラッシュメモリの需要が高くなっていくことが予想され、製品開発を継続的に進めています。

東芝のViscontiファミリーは先進運転支援システム「ADAS」の求める画像認識処理のアルゴリズムを高速実行でき、さらに処理性能の高さと低消費電力動作で高い評価を受けています。
1台から4台のカメラ入力画像を即時リアルタイムで処理する事で、自動車の周辺車線境界線や車両、また歩行者や自転車、標識までも認識し、衝突警報や標識認識、駐車支援など運転支援のための高性能なアプリケーションを実現しています。

こうした東芝の半導体技術によって、様々な商品が高性能になり、先進的な商品作りに貢献しているのです。