PPW_MBnokondensa-thumb-815xauto-13231

半導体業界について

半導体について興味がある、という方でもあまり半導体業界について詳しくご存じの方は少ないのではないでしょうか。
このサイトの中でも何度もご紹介したように、半導体は今や私たちの生活に欠かせないものと言っても過言ではありません。
そのため、求人案件も豊富ですし、これからこの業界で働いてみたいという方もいるでしょう。
そこで、ここでは知られざる半導体業界について情報を発信したいと思います。

需要が高い

半導体を扱う業界のことを半導体業界と言います。
RAMやROMの開発や製造に携わる業界と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。
家電メーカーとしても有名な東芝やルネサスエレクトロニクスといった半導体系、日立国際電気や大日本スクリーン製造などの半導体製造装置系に分けることができます。

これから半導体業界で働きたいという方は、これらの企業に属する会社、工場などで働くことになります。
近年ではスマホの急速な普及に伴って半導体はますます需要が高くなっていますし、人材確保も急務となっています。
また、スマホの普及によって常にめまぐるしい変化をしているのもこの業界と言えるでしょう。

半導体業界の特徴

これまではパソコンへの半導体供給が多かった傾向にありますが、それを大きく変える出来事がありました。
そう、スマホの普及です。
携帯電話に代わる新たなデバイスとして誕生したスマホが急激に普及したことによって半導体業界も再編や統合、破綻など目まぐるしい変化に追われる事態となっているのです。

現在でもこうした流れは留まる気配を見せませんし、これから先もますます変化がおき続けることも考えられるでしょう。
こう書いてしまうと「安定性のない業界なのか」と思ってしまうかもしれませんが、半導体需要自体は非常に高いですから決してそんなことはありません。
今後この業界で働きたい方は業界の動向に注目してくださいね。

就職について

半導体業界に就職したいという方も少なくないでしょう。
いまや半導体業界は好調ですし、上り調子ですから将来的な安泰を求めるにもこの業界はオススメです。

半導体業界に就職したいのなら先ほどご紹介した半導体系、もしくは半導体製造装置系に分かれますから、まずは自分がどちらの仕事をしたいかを決める必要があります。
また、メーカーによる雇用は主に事務職と技術職に分かれることが多いですから、技術的な仕事をしたいのなら技術部門への配属を希望すると良いでしょう。
半導体製造やそれに関わる求人は実際多いですから、興味のある方は求人情報誌や求人サイトなどに目を通してみると良いかもしれません。

半導体業界は様々です。
日本のメーカーだけではなく海外のメーカーでも多くの求人があります。半導体業界に興味のある若者がいて…。
かつ現役の高校生や大学生であればアメリカ留学をして、機械工学を学んでみることで日本の大学で学ぶのとはまた違っていいかもしれません。

半導体製造業界は現在でも揺れ続ける業界でもありますが、悪い意味で揺れ動いているわけではありません。
将来性にも優れた業界だと思いますから、就職を考えるのは決して悪いことではないでしょう。